スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~学年飼育始めた 西東京・柳沢小~ 

朝日新聞 (東京) (2006.7.20) 
◆◆いのち◆◆チャボ通じ「死」学ぶ  体触れさせ獣医師説明 

~学年飼育始めた 西東京・柳沢小~

 校庭の片隅で飼育されているチャボやウサギなどの小動物。多くの場合、世話をするのは一部の児童で、関心の低い子どもも少なくないようだ。
「身近な命を通じて、生と死について考えて欲しい」。
西東京市の獣医師たちが働きかけ、新しい飼育方法に取り組み始めた小学校を訪ねた。
(高橋末菜)

 つややかでつるりとした羽根の手触りは以前と同じ。でも、軟らかく温かかったチャボの「クロッピ」の体は硬かった。
 クロッピはがんだった。子どもたちは獣医師による死因の説明に、じっと聴き入った。冷たくなったクロッピに触れ、「今までありがとう」と別れを告げた。

 6月17日、西東京市立柳沢小学校(436人、丸山久美子校長)で飼っていたチャボが病死した。3年生74人全員が交代で世話をする「学年飼育」を3月から始めたばか
りだった。
 「子どもを悲しませるから、死骸を見せない方がいい」という教員たちに、相談役の獣医師の中川美穂子さんらは「子どもたちに最後まで世話をさせるのが、飼育動物としての役割」と、クロッピと子どもが対面するお別れ会を提案した。

 同校では2月まで、ウサギ2羽とチャボ6羽を飼育委員会の高学年児童約10人が世話していた。一方、多くの児童や教員は、校庭の隅にある鶏小屋とウサギ小屋を気にかけることがなかった。動物たちには、名前すらなかった。

 「私自身、動物が苦手。『飼育は好きな人がやってくれたら』と関心が低かった」と丸山校長は話す。今年1月、獣医師や教員でつくる全国学校飼育動物研究会の事務局長でもある中川さんが、丸山校長を同研究会の事例発表会に招いた。積極的に動物とかかわろうとする他校の取り組みを目にし、丸山校長は「ちょっと目覚めた」。

 多くの子どもがかかわるべきだと、学年飼育に変えた。ふれあいを増やそうと、うさぎは校舎内でのケージ飼いに。給食を準備する間にウサギと鶏小屋の掃除やえさやりを日課にした。前日にえさを多く与えるだけだった休日は、6月から交代で2組の親子が世話をする仕組みに変えた。
 そんな矢先の、クロッピの死。「世話を始めて一番に近づいてきたのがクロッピだった」とふり返る子、「抱いて、なでて、クロッピの最後を覚えていて」と友達に呼びかける子。「ちゃんと焼いてあげて。楽に天国に行かれるから」とつぶやいたのは、父親を亡くした子だった。


全国学校飼育動物獣医師連絡協議会 会員名簿
http://www.vets.ne.jp/?school/pets/kaiin_meibo.htm
--ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    中川美穂子発信 m-nakagawa@vet.ne.jp

「全国学校飼育動物研究会」事務局長  
   http://www.vets.ne.jp/?school/pets/siikukenkyukai.htm
全国学校飼育動物獣医師連絡協議会 (CAS)主宰
 「学校飼育動物を考えるページ」
  http://www.vets.ne.jp/?school/pets/
  202ム0023 西東京市新町5ー16ー29
  0422ー53ー7099(中川動物病院内)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お茶の水女子大学 子ども発達教育研究センター 研究協力員 
社)日本獣医師会 学校飼育動物委員会 副委員長
日本小動物獣医師会 学校飼育動物対策委員会 (動物介在教育支援)副委員長
社)東京都獣医師会 理事
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。