スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の事 

ここをみて下さっている皆様、まず殆ど放置状態だった事をおわび申し上げます。
私の努力不足にほかなりません。
もともとこんな命をあずかるなどという大変な仕事はできない器だったのでしょう。
ほんとうにおはずかしい限りです。
協力して下さっている皆さん、静かに見守っていて下さりありがとうございます。

私は3月いっぱいでこの土地を離れます。
この活動を引き継いでくれる方を捜しました見つけられませんでした。

うれしいニュースがひとつあります。
1月30日の連絡では、
「小樽のSさんのお姉様」がこのサイトを見て、3羽譲り受けて下さったとの事です。
こちらには直接連絡はありませんでしたが、とてもうさぎをかわいがっていらっしゃる方と聞き、私も安心しました。
子どもたちには、うさぎをかわいがってもらえる人が現れた事を各学級担任が話し、
6年生が、うさぎをつかまえる時と、引き渡しに立ち会ったそうです。
これで残りは4羽となりました。
ほんとうにありがとうございました。

残りのうさぎはどの子なのか、現段階では私はわかりません。
学校や教委もお忙しいのか連絡はありません。
未定ですが、また取材する事ができましたらここに報告します。

こんな力不足なサイトですが、残しておきたいと私は思っています。
残されたうさぎたちに幸あれ...

*追伸*
2006年11月、手稲で開催された「合同教育研究会」にて、「学校飼育の問題について」のレポートを報告させていただきました。参加されていた各方面研究者及び学生の皆さんより、あたたかい応援やアドバイスをいただく事ができました。同時にこんな事があるのか、と驚かれてもいました。これからも、動物の福祉については一日も忘れられない性分ですので、私なりの方法で働きかけて行こうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gakkouusagi.blog40.fc2.com/tb.php/19-7b2eb16d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。